KYOTO KOMACHI 京都小町

受付時間 9:00~17:30 03-5574-8989

お問い合わせ
20歳をすぎてからできる「大人ニキビ」は、肌の汚れやストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなど様々な原因があります。
過度な皮脂が原因の思春期ニキビは、洗顔を丁寧にしていれば治ることが多かったのに対し、とても頑固で繰り返される治りにくいのが「大人ニキビ」。
 
その原因は、「お肌の乾燥」と「ターンオーバーの乱れ」によって古い角質が毛穴に詰まってしまうこと。現代人の私たちの忙しい生活の中、ホルモンバランスの乱れやストレスなど、どうしても予防できない生活習慣でできてしまった「大人ニキビ」を乾燥の予防である保湿やターンオーバーの乱れを防止するために開発されたスキンケアがSPOTS CARE。

紫外線などによるダメージやターンオーバーが十分に行われないため、毛穴の出口付近の角質が厚くなる(角質肥厚を起こす)ことにあります。

角質が厚くなって毛穴をふさぐと皮脂が詰まってしまいます。すると、皮脂を栄養源にしている、皮脂常在菌の「アクネ菌」が過剰に繁殖し、炎症を起こしてニキビができるのです。

古い角質 皮脂のターンオーバーが乱れ、古い角質がたまることで角質層が厚くなり毛穴を防ぎます。
皮脂 過剰な皮脂は、毛穴をつまらせアクネ菌の栄養となります。
アクネ菌 どんな人の皮膚にもすんでいる皮膚毛包内の常在菌でニキビの原因菌の一つ。アクネ菌は皮脂を栄養として増殖し、ニキビを悪化させます。
思春期はT-ゾーン周囲にできるニキビ。年齢とともに徐々に下がり、大人ニキビはフェイスラインやアゴ、首筋にできるようになります。

不規則な生活やストレス、ホルモンバランスの乱れ、間違ったスキンケアなどにより皮膚のターンオーバーが乱れ、古い角質がたまることで角質層が厚くなり、毛穴をふさぎやすい状態になっている。

排卵から月経までの生理前約2週間は、黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が盛んになり、ニキビができやすくなったり、化膿しやすくなります。この時期は皮脂分泌が増加することを意識してケアします。

ニキビが繰り返されないためには、できてしまったニキビを治すだけでなく普段からニキビができにくい肌に整えておくことが大切です。洗顔で余分な皮脂や古い角質を取り除き、化粧水でたっぷりと水分補給。

ニキビ、肌荒れを起こしにくい
肌環境に保ちます。

ニキビの元となる古い角質などを
取り除き、アクネ菌を殺菌します。

清潔な肌を保つという意味ではもちろんの事、クレンジングと洗顔を丁寧に行って余分な皮脂や汚れを落とすことで、次に使用する化粧水や美容液の浸透も良くなります。

クレンジング・洗顔する際は決してゴシゴシこすらずに洗顔料をしっかり泡立て、優しく洗ってあげましょう。また、クレンジングや洗顔を洗い流す際は、32度程の「ぬるま湯」を使うと肌の負担が水やお湯よりも軽くなります。

アゴの下のニキビのお手入れには「保湿」も重要なポイント。洗顔をきちんとしても保湿がおろそかになると、肌の内側が乾燥してしまう恐れがあります。潤い力の高い化粧水と乳液でしっかり保湿しましょう。