KYOTO KOMACHI 京都小町

受付時間 9:00~17:30 03-5574-8989

お問い合わせ

年齢を重ねると、だんだんお肌のハリを失い、艶もなくシワが目立ってきます。

これが「肌の老化」です。
“SAKURA(サクラ)”は、その「肌の老化」のメカニズムに注目した“肌へ与えるスキンケア”をコンセプトに考えられたエイジングケア化粧品です。  

ハリと潤いを与える成分「アスタキサンチン」を中心に、贅沢美容成分を配合。
酸化・乾燥・紫外線に注目し、光老化からお肌を守ります。

私たちは持って生まれた肌の性質があります。
それが肌老化の進度をある程度決めているといえます。
しかし、それ以外の外的要因によって、肌の老化進度が大きく変わります。
紫外線をわずか数分間浴びても肌はダメージを受けます。 しかも紫外線を長年浴び続けることで、シミ・しわ・たるみなどを引き起こしてしまいます。
体内に取り込まれた酸素の一部が変化してでてきた「活性酸素」が原因です。
活性酸素は脂質と結合して細胞を酸化させます。皮膚が酸化すると細胞にダメージを与え、真皮のコラーゲンなどを硬くして皮膚の弾力を失わせ、老化を進めていきます。
20歳をピークに女性の肌は乾燥しがちになります。これは角質の潤いを保つ天然の保湿成分が年齢と共に減少していくことが主な原因です。乾燥にさらされると、角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、隙間が生じていきます。この隙間を通して表皮の水分が蒸発してゆき、小じわになりやすくなります。
加齢とともに肌弾力の元である真皮層のコラーゲンやエラスチンの量が減少し、肌細胞を作り出す力も衰え、表皮も薄くなっていきます。
その結果、肌のたるみ、ふっくらとした柔らかさが失われます。

アスタキサンチンは、サケ・エビ・カニ・緑藻など主に海洋生物に多く含まれている赤い色素で、
トマトのリコピンや人参のβカロテンなどと同じカロノイドの仲間です。

生体内では、太陽光中の紫外線の被ばくを受けた皮膚内で一重項酸素が生じる。この一重項酸素はメラニン産生を増強することより、肌の黒化、しみ、くすみを増化させる原因となっている。また、皮膚内のサイトカイン類、蛋白質分解酵素類の産生を誘導することにより、皮膚内の蛋白質(コラーゲンなど)、脂質を酸化、損傷することにより肌荒れや肌の弾力低下をきたし、長い間にはシワの原因となります。

老化の原因である糖化を防ぐことから注目を集めています。また、コラーゲンの産生を促進して肌にハリや弾力を与えたり、シミ・そばかすの原因とされるチロシナーゼの活性を抑制することによる美白効果も期待できます。

1gで6リットルもの水分を保つ優れた保水力を持つ成分です。保水性や浸透性に優れ、皮膚にハリを与え高い保湿効果が期待できます。

肌の弾力を作り出しているタンパク質の一つです。皮膚に含まれた細胞と細胞を結ぶ働きをしています。肌のハリや弾力をもたらす効果が期待できます。

サメ類の肝油から精製される不飽和脂肪酸の一種です。 体内で酸素を補給する働きを持ち、新陳代謝を活性化する効果や、美肌効果などが期待できます。

働きバチより2倍以上も大きく育ち、約4倍もの寿命を持つ女王バチの生命力の源です。 皮膚組織の新陳代謝を促進し、シミ・小じわを防ぐ作用が期待できます。